このページの本文へ

NTTソフトとアクセラテクノロジが提携、企業向け検索ソフトを積極展開

2007年08月02日 22時10分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NTTソフトウェアとアクセラテクノロジは、アクセラテクノロジが開発する企業向け検索ソフトウェア「Accela BizSearch(アクセラビズサーチ)」の販売に関して販売代理店契約を締結したと発表した。両社は今後、エンタープライズサーチ分野でのビジネスを積極的に展開していくという。


純国産ソフト「Accela BizSearch」の代理店契約を締結


 アクセラテクノロジは、企業向け検索ソフト「Accela BizSearch」を提供するエンタープライズサーチの専業ベンダ。Accela BizSearchは純国産の企業向け検索ソフトであり、検索スピードや日本語解析技術、大容量ストレージへの対応、アクセス権限の継承などに強みを持つ。すでに国内で1096サーバの導入実績があるという。

 一方、NTTソフトウェア(NTTソフト)は、グループウェアやSFA/CRM/ERPなどの各種オフィスアプリケーションと、音声データの融合による高付加価値システムの構築に取り組んでいる。アクセラテクノロジとの提携を機に、同社はAccela BizSearchを用いたエンタープライズサーチシステムの販売と構築を手がけていく。

 NTTソフトは今回の契約に先立ち、すでにAccela BizSearchを用いた検索システムの構築実績を作っている。企業システムとしてのセキュリティ面を考慮した導入ノウハウや構築テンプレートを活用し、「今後、拡大が予想されるエンタープライズサーチ分野でのビジネスを積極的に展開していく」としている。

カテゴリートップへ

ピックアップ