このページの本文へ

Mac/Winの両環境でワンセグを楽しめる

バッファロー、Mac対応ワンセグチューナーを発表

2007年08月02日 16時12分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バッファローは1日、同社のUSBワンセグチューナー「ちょいテレ」シリーズに初のMac対応モデル「DH-KONE/U2MA」をラインアップし、8月中旬に発売すると発表した。価格は1万2500円。

通常利用する折りたたみ式のアンテナは、290mmの高感度アンテナと135mmのスタイリッシュアンテナから選択可能だ(写真は高感度アンテナの折りたたみ時)。本体サイズは幅19.5×奥行き63.8×高さ9.6mm、重さ15.7gのコンパクトサイズ

受信性能を向上する「ブースター回路」を内蔵し、そのブースター回路の前後でノイズを除去する「ダブルフィルター」を搭載、また高感度外部アンテナも付属するなど、受信性能の高さが最大のポイント。視聴・録画ソフトとして、電子番組表や字幕放送、携帯電話からの録画予約などに対応した「PCastTV for ワンセグ」が付属しており、Apple Remoteによるリモコン操作も可能だ。後日無料で配布する予定のWindows対応ソフトを同社ウェブサイトよりダウンロードすれば、Mac/Windowsの両環境でワンセグ放送を楽しめる

ケーブル長3mの高感度外部アンテナや吸盤式の外部アンテナ用基台、家庭用のテレビアンテナに接続するF-AMB変換ケーブル、1.4mのUSB延長ケーブルなどが付属。PowerPC G4 1.42GHz以上またはIntel Core 1.66GHz以上を搭載し、OS X 10.4以上が動作するMacに対応する。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中