このページの本文へ

au、515万画素カメラ搭載の『EXILIMケータイ W53CA』を2日に発売

2007年08月01日 19時06分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は1日、515万画素のCMOSセンサーと手ブレ補正モードがあるデジタルカメラ機能を搭載したau携帯電話機『EXILIMケータイ W53CA』を今月2日より順次各地で発売すると発表した。

各地の発売日は以下のとおり。

2日
沖縄地方
3日
北海道地方
8日
東北、関西地方
9日
関東、中部、九州地方
『EXILIMケータイ W53CA』 『EXILIMケータイ W53CA』。左から“フレアレッド”“アイリスホワイト”“ベールブラック”

EXILIMケータイ W53CAはカシオ計算機(株)製の携帯電話機。同社のデジタルカメラのブランドである“EXILIM”(エクシリム)を冠につけるだけに、18.9mmのスリムでスタイリッシュなボディーを実現している。液晶部分の2軸回転機構により、デジタルカメラ風のスタイリングにすることもできる。

カメラ機能では515万画素CMOSセンサーを搭載するだけでなく、携帯電話機向けの画像処理プロセッサー“EXILIMエンジン for Mobile”を備えるのが特徴。縦・横・回転ブレを補正する“6軸手ブレ補正機能”や、肌色を自動的に鮮やかに補正する“記憶色補正”、撮影時に広い範囲でピントが合う“9ポイントオートフォーカス”といった機能を搭載している。レンズの画角は35mmフィルムカメラ換算で28mmと広角で、集合写真や風景も1枚に収めやすいとしている。

メインディスプレーは、約2.8インチワイドVGA(480×800ドット)液晶パネルを採用。連続通話時間は270分、連続待受時間は約340時間。本体サイズは幅50×厚さ18.9×高さ103mm、重さは約121g。カラーは“フレアレッド”“アイリスホワイト”“ベールブラック”の3タイプ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン