このページの本文へ

1600MHz動作のDDR3最高速メモリ「Team Xtreem DDR3-1600 CL7」がTeamから!

2007年07月31日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DDR3メモリモジュール最速となるクロック1600MHz動作(PC3-12800)のDDR3メモリ「Team Xtreem DDR3-1600 CL7」がTeamから発売となった。

「Team Xtreem DDR3-1600 CL7」

DDR3メモリモジュール最速となるクロック1600MHz動作(PC3-12800)のDDR3メモリ「Team Xtreem DDR3-1600 CL7」がTeamから発売。入荷数は限定版のため大変少ない

 この製品は、現在流通している1333MHz動作の他社製よりさらに高速な1600MHz動作となるのが特徴のDDR3メモリ。容量1GBのモジュールを2枚セットにした製品で、レイテンシは7-7-7-21、電圧は1.75~1.85Vとなっている。価格はOVERCLOCK WORKS(完売)とオリオスペックで8万9800円。なお、OVERCLOCK WORKSでは「Micronチップ搭載の本命DDR3」としている。

「Team Xtreem DDR3-1600 CL7」

「Micronチップ搭載の本命DDR3」という1600MHz動作となるのが特徴のDDR3メモリ。レイテンシは7-7-7-21、電圧は1.75~1.85Vというスペックだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中