このページの本文へ

ディラックからスリム光学ドライブをSATA化する基板が近日登場予定!

2007年07月31日 21時30分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ディラックから、スリム光学ドライブをSATA化する基板「DIR-SSOA01」が来週登場予定となっており、サンプルがBLESS秋葉原本店に入荷した。

「DIR-SSOA01」 JMicron製「JM20330」
スリム光学ドライブをSATA化するディラック製基板「DIR-SSOA01」Serial ATA-パラレルIDE変換チップはJMicron製「JM20330」

 本製品は、ノートPCの光学ドライブのほか、Mini-ITXケースなどで使用する機会の多いスリム光学ドライブをSATA化する基板。Serial ATA-パラレルIDE変換チップには、JMicron製「JM20330」を搭載する。

取り付け例 取り付け例
取り付け例取り付け例

 ディラックによれぱ、本製品を使用することでMini-ITXケースなど内部空間の限られたケースにおいて、効率的なケーブルの取り回しが可能としている。

スリム光学ドライブ Mini-ITXケースなどで使用するとケーブルの取り回しが容易
スリム光学ドライブMini-ITXケースなどで使用するとケーブルの取り回しが容易とのこと

 コンパクトなMini-ITXケースにスリム工学ドライブを使用していて接続ケーブルの取り回しに苦労しているという人は一考の価値ありというるアイテムといえるだろう。予価は2500円前後とのこと。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中