このページの本文へ

AOpenから久しぶりのATXマザー!チップセットは“G33”

2007年07月26日 21時55分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AOpenからチップセットに“G33”+“ICH9”を搭載するLGA 775対応マザーボード「AX33G-UL」が登場した。同社製のATXマザーボードとしては実に久しぶりの製品だ。

「AX33G-UL」 チップセットに“G33”+“ICH9”を搭載するLGA 775対応AOpen製マザーボード「AX33G-UL」

 本製品は、VGA機能統合型のチップセット“G33”を搭載し、South bridgeは“ICH9”を採用、I/O部のVGA出力にD-Subを搭載する。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×2、PCI×2。メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667、8GBまで)。オンボードインターフェイスには8chサウンド(ALC888)やギガビットイーサネット×2、Serial ATA II×3、IDE×1などを搭載している。
 販売は明日27日からの予定。価格はBLESS秋葉原本店にて1万4800円となっている。フォームファクタとしてATXを採用する製品で、デュアルギガビットイーサネットを備えた“G33”チップセットの製品としては安価なマザーボードと言えるだろう。

「AX33G-UL」 (I/O部) 「AX33G-UL」 パッケージ
VGA機能統合型のチップセット“G33”を搭載し、South bridgeは“ICH9”を採用、I/O部のVGA出力にD-Subを搭載

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中