このページの本文へ

富士フイルム、最新のソフトウェア技術を公開するラボサイトを開設

2007年07月24日 16時09分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士フイルム(株)は24日、同社で新たに開発中の先進的なソフトウェア技術を、商用サービスとして導入する前に一般に公開するというラボサイト“FUJIFILM Internet Technology Labs”を本日公開したと発表した。

FUJIFILM Internet Technology Labs

FUJIFILM Internet Technology Labs

その第1弾として本日、画像検索エンジン“TRIPIT”(トリピット)を公開している。これは、画像に紐付けられたタイトルやタグといった言葉の情報同士を言語処理技術によって結びつけることで、1つの画像からさまざまな画像を自動的に検索していくというもの。コア技術である独自の電子辞書体系は、富士フイルムと(株)サーバードメインの共同開発によるものという。FUJIFILM Internet Technology Labsでは、TRIPITのAPIを公開するほか、TRIPITを利用した検索機能のデモンストレーションも紹介している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン