このページの本文へ

「コードギアス 反逆のルルーシュ」24・25話の放映に先駆けてテーマソングが発売

2007年07月18日 21時49分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 春に23話までのTV放映を終えたアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」。ストーリーが盛り上がったところで終了となり、終了時点で夏に続きが放映されると予告はされていたが、続きが待ち遠しかった人も多いだろう。待望の放映スケジュールが発表になり、6月末から7月中旬にかけて全国各局で放映されることがわかったところで、ファンとしてはストーリーが気になるところ。この夏、春からのモヤモヤを一気に解消できると、期待も高まる。

瞳ノ翼

在庫切れの札が貼られていたが、ジャケットはしっかりとチェックできた。白と黒、両面で極端に違うイメージカラーとなっているのが、ある意味ルルーシュとスザクという二人の対極にいる主人公が活躍するコードギアスらしい

店頭

サンプル映像は、最新映像やプロモーションではなく、今までのコードギアスが流れていた。早くこの続きが見たい!

 放映が決まったことに併せて、関連商品が動き始めている。まず秋葉原の店頭に登場してきたのが、今回のテーマソング「瞳ノ翼」だ。歌っているのは「access」。accessは、アニメファンとしてはガンダムSEEDなどでお馴染み「T.M.Revolution」をプロデュースした浅倉大介氏と、貴水博之氏の2人によるユニット。1995年に活動を休止したが2002年に活動を再開。今年でデビュー15周年を迎え、15周年記念企画の第2弾として5年ぶりとなるオリジナルアルバムを発売したばかりだ。

 アソビットゲームシティでは、店頭に並んだ日の夕方には完売となっており、再入荷待ちという状態。スタッフによると「予定していたよりも入荷数が少なかったことも影響してしまった」ということだが、好調な出だしといえるだろう。パッケージは初回特典仕様となっており、「コードギアス」イラストステッカーやキャラクタIDカードも付属している。

 店頭ではプリントした商品サンプルしか見られなかったのだが、黒と赤の色調で描かれたダークなイメージの“ゼロ”がジャケットのイラスト。特徴的なマスクをはずし拳銃を構えている姿は、今後の親友との対決シーンをどのように暗示しているのか気になる。このCDを聞きながら、深夜の本編放映を寝過ごさないように待ちたいところだ。なお24、25話は連続放映のスペシャルとなっているので、放送時間は1時間だ。間違えて24話だけ見て寝てしまうことのないように注意したい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ