このページの本文へ

J-Magic、ポスターやCDジャケットにカメラを向けると楽曲再生するアプリを発表

2007年07月18日 22時22分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ジェイマジック(株)は18日、携帯電話機の内蔵カメラを歌手のポスターやCD/DVDのジャケットなどに向けると、その楽曲を自動的に検索して再生するアプリ『Magic Loupe』(マジックルーペ)を開発したと発表した。HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)などの高速通信と画像認識技術を利用したもので、現在はプロトタイプ(開発途上の試作版)だという。

Magic Loupeはプロトタイプのため、現在は携帯電話機ではなくWindows Mobile 5.0搭載端末で動作する。カメラの撮影機能を起動して被写体に向けると、プレビュー映像が自動的に認識サーバーにアップロードされ、認識サーバーから合致した楽曲が返答されるという仕組みだ。従来のようにウェブサイトにアクセスして楽曲をリストから探すといった手順に比べて、ダウンロードの手順が円滑になり、目の前にある聴きたい曲がすぐにストリーミング再生できるとしている。

ジェイマジックでは今後、Magic Loupeを広帯域モバイルインターネット向けの“楽曲試聴アプリケーション”として、音楽業界、広告代理店、通信キャリア、小売店、出版社などへ利用を呼びかけていくという。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン