このページの本文へ

ノキア、IPセキュリティ・アプライアンス製品「Nokia IP290」を発売

2007年07月13日 23時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ノキア・ジャパンは、企業の拠点単位での導入や小規模企業に向けた統合脅威管理(UTM)アプライアンス「NokiaIP290」を、7月中旬から販売する。


チェックポイントのUTMソリューションを低コストで提供


 「Nokia IP290」は、企業の小規模な拠点や中小企業向けの統合脅威管理(UTM)アプライアンス。ノキアのセキュリティ・アプライアンス「IPシリーズ」のローエンドモデルとの位置づけだ。同社のセキュリティOSの最新版「Nokia IPSO4.2 Build042 HFA002」と、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの統合脅威管理(UTM)ソリューション「CheckPoint VPN-1 UTM NGX R65」を組み合わせ、高機能かつ低コストで提供するとしている。

ノキア・ジャパン、中小企業向けのUTMアプ ライアンス「Nok... ノキア・ジャパン、中小企業向けのUTMアプ ライアンス「Nok...
「Nokia IP290」(左)。(右)は、デュアルシェルにIP290を2台搭載したHA構成時。

 ギガビットイーサを6ポート標準で装備しながら、本体サイズは1/2ラック幅、1ラック高とコンパクトに収めた。1ラック高にIP290を2台導入し、ハイアベイラビリティ(HA)構成も可能で、HA構成時もCheckPointのライセンスは1つで利用できるため、低コストで二重化構成を実現できる。ストレージは、ディスクベースかフラッシュベース(ディスクレス)/ロギング用オプションディスクから選択可能。また、ファイアウォール稼動時のスループットは、1.5 Gbpsと高いパフォーマンスを実現している。

 参考小売価格は、88万8000円(税別)から。ノキアの販売代理店を通じて販売する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ