このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スピーカーとiPodで試聴した

本当に高音質? iTunes Plusを聴き比べる (後編)

2007年07月13日 19時20分更新

文● 榎本涼

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iTunes Storeで販売されている、DRMフリーで従来より高音質な“iTunes Plus”。前編では周波数特性を計測して、通常の128kbpsよりiTunes Plusの256kbpsのほうがオリジナル音源に近いことを解説した。後編では、スピーカーやiPodで試聴してみる。



スピーカーを利用した試聴結果


スピーカーで聴いた結果だが、以下のようになった。

曲名 128kbps AACの印象 256kbps AACの印象
Granuaile's Dance 冒頭の高いシンセリードやフィドルの音が丸くなってしまう。右のアコギ?の音が前に出てこない。全体的に高域が詰まった印象だ。 ほとんどWAVEファイルとの差が分からない。
Beyond
the Sea
ヴォーカルに艶がない。感動的な残響感が減っている。 ほとんどWAVEファイルとの差が分からない。
Cello Suite #1 Prelude チェロの倍音がなくなってしまう。残響も大幅に減る。心なしかダイナミクスも減って聞こえる。録音時の床をこする音なども聞こえなくなってしまう。 同じマスターではないかも知れないので、断定はできないが、WAVEファイルと比べて多少高域とダイナミクスが落ちる印象だ。弦をこすった音や倍音など、全体的に音質というよりはディテールに劣る印象である。
For You ヴォーカルが多少引っ込んだ印象。右のトライアングルが多少こもり気味だが、WAVEとさほど変わらず許容範囲。 WAVEとさほど変わらない。多少アコギのニュアンスが違うくらいか。
タイム・リミット ヴォーカルが多少引っ込んで聞こえる。それ以外はWAVEと変わらない。 WAVEとほとんど変わらない。
Donna Lee 全体的に多少こもった印象。特に右のライドシンバルがくすんだ音色に変わってしまっている。ハイハットがつぶれてしまい、ビートがわかりにくくなっている。 多少ライドシンバルの高域が失われているが、許容範囲。

総じて128kbpsと256kbpsの差は大きく、256kbpsとWAVEの差は小さい。

ここで、チェロ独奏に関して一言補足しておく。iTunes Storeではこのアルバムが「1995年の発売」になっているが、筆者が所有しているのは同アルバムの「2004年度版」である。特に明記されていないが、聴いた印象では「再マスタリングされている可能性」が非常に高い。この場合ソースに含まれているもともとの情報が異なるため、当然256kbpsとCDからリッピングしたWAVEファイルの音質差は顕著になる。WAVEの方がずっと素晴らしいサウンドに聞こえることもある。クラシックCDの場合、得てして“サイレントリマスタリング”されていることが多いので、注意が必要だ。


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中