このページの本文へ

静岡大学佐藤研究室、“参議院プロジェクト『sangi.in』”を実験開始

2007年07月12日 21時58分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

静岡大学情報学部の佐藤哲也研究室は12日、今月29日に投票が行なわれる参議院選挙に関する実験的情報提供サイトとして、“第21回参議院選挙情報提供プロジェクトsangi.in』”の実験を同日付けで開始したと発表した。

参議院プロジェクトsangi.in』は、選挙におけるインターネット活用の将来像の検討を目的とした取り組み。ウェブサイト上のアンケート調査に回答することで、事前に立候補予定者からのアンケート結果から有権者の考え方に近い候補者を提示するシステム“投票エージェント”と、今回の参議院選に合わせた政策やマニフェストをXML化して、統一的に検索できるシステム“マニフェスト検索システム”の2つのシステムを提供する。ID登録などなしに、無料で利用できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン