このページの本文へ

“GM965”搭載で“Socket P”対応のMini-ITXマザーが近日iBASEから登場予定!

2007年07月11日 23時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのモバイル向けCPU“Socket P”に対応する“GM965”+“ICH8M”搭載Mini-ITXマザーボード「MI910F-R」がiBASEから登場予定だ。発売は今月下旬を予定しているという。

MI910F-R ポップ MI910F-R
インテルのモバイル向けCPU“Socket P”に対応する“GM965”+“ICH8M”搭載Mini-ITXマザーボード「MI910F-R」。今月下旬の発売を予定しており、価格は5万円中盤程度となりそう

 この製品は、インテルのノートPC向け新プラットフォーム“Centrino Duo”(コードネーム:Santa Rosa)でも採用されるモバイル向けCPU“Core 2 Duo T”シリーズも搭載可能なMini-ITX対応マザー。“Socket P”対応の“GM965”搭載製品としては、ノートベアボーンとしてMSIから「MS-1637」「MS-1221」が発売されているほか、やはりMSIからMini-ITXフォームファクタの「Fuzzy GM965」の発売が予告されている。

MI910F-R 仕様 MI910F-R 仕様
“GM965”+“ICH8M”搭載マザーとしては発売されれば初の製品となる。モバイル向けCPU“Core 2 Duo T”シリーズが搭載可能ということで注目度は高い

 「MI910F-R」の主な仕様は拡張スロットがPCI Express x1×1、PCI×1、MiniPCI×1、CFスロット×1(裏面)。メモリはDDR2 DIMM×2(DDR2 533/667、2GBまで)で、VGAや8chサウンド(ALC885)、デュアルギガビットイーサネット(IntelとMarvell)、IEEE1394、Serial ATA II×2、IDEなどを搭載する。入荷を予定しているのはアークと高速電脳、T-ZONE.PC DIY SHOP(受注扱い)で、価格はいずれも5万円中盤程度を予定しているとのことだ。

「MI910」 この画像は“COMPUTEX TAIPEI 2007”のiBASEブースに展示されていた「MI910」

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中