このページの本文へ

USBハブ/ファン/ポートリプリケータを一体化したXbox 360用ドッキングステーションが登場!

2007年07月10日 22時14分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハンファ・ジャパンが展開するブランド“DIGITAL COWBOY”から、Xbox 360用のドッキングステーション「GA-CX1005XB」が発売された。ポートリプリケータとUSBハブ、冷却ファンが一体化した製品で、Xbox 360の背面に取り付けて使用する。

GA-CX1005XB パッケージ
“DIGITAL COWBOY”から、Xbox 360用のドッキングステーション「GA-CX1005XB」が発売開始

 通常はXbox 360と映像機器との接続にはXbox 360専用のケーブルが必要だが、本製品のポートリプリケータ機能を使用すれば、市販のAVケーブルがそのまま使用できる。映像出力端子は、コンポーネント、コンポジット、S-Video、VGA(D-Sub 15ピン)をそれぞれ1系統装備、音声出力端子は、アナログ(RCA)と、オプティカルを1系統備える。なお、出力設定スイッチを搭載しているため、複数のモニタにXbox 360を接続して、スイッチで出力するモニタを切り替えることも可能だ。
 また、Xbox 360を活用しだすと、まず不満に思うのがUSBのポート数だ。Xbox 360本体にはUSB端子が3ポートしか用意されていないため、コントローラ2個と無線LANユニットを接続するだけでいっぱいになってしまう。本製品はそれをクリアするために、USBハブとして4ポート搭載している。デジカメなどを接続するにあたり、USBポートが増設されるのは実にありがたい。
 そして、ハイパワーなプロセッサを搭載している事から排熱がものすごいのがXbox 360の悩みどころ。そこで本製品には6センチファンが2基内蔵されている。ハンファ・ジャパンによると、「定格12Vのファンを5Vで駆動させているため、ファンの騒音は気にならないはず」とのこと。

GA-CX1005XB GA-CX1005XB 裏面
出力端子はコンポーネント/コンポジット/S-Video/VGA/オプティカルなど。ほかにもUSBポートを4つ備える製品はXbox 360の背面に取り付けるだけで、ネジ止めなどは不要。製品には6センチファンが2基搭載されている

 Xbox 360を使いこなすためにはまさに最強ともいえるこのドッキングステーションは、TSUKUMO eX.で4980円。なお、アークとソフマップでも13日頃発売予定としている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ