このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第52回

最新のマルチメディアAPI“DirectX 10”を採用

2007年07月16日 00時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows Vistaは、最新のマルチメディア処理用API“DirectX 10”を搭載している。DirectX 10はVista専用で、Windwos XPではDirectX 9までしか対応しない。DirectX 10は新しい“Shader Model 4.0”に対応して、高度なシェーダーを使い、リアルな3Dグラフィックを少ない処理量で再現できるのが特徴。対応ゲームなら、より美しいグラフィックでプレイできる。

“DirectX 9”環境で表示した『Microsoft Flight Simulator X』

“DirectX 9”環境で表示した『Microsoft Flight Simulator X』

“DirectX 10”環境で表示したFlight Simulator Xの同じシーン

“DirectX 10”環境で表示したFlight Simulator Xの同じシーン

(以下の画面はいずれも“Windows Vista Team Blog”より引用)

この機能はWindows Vistaの全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

3Dゲームなどで利用されるDirectXは、グラフィックチップの機能の違いを判別し、サポートされていない機能を避けたり、ほかの機能で代替するといった仕組みが必要だった。そのためソフトウェア開発者は余計な手間がかかり、先進の機能が活かされにくいというネックがあった。しかし、DirectX 10に対応するグラフィックスチップ(GPU)は、規定された基本機能を標準でサポートすることを要求されており、それにより、これらの手間を省いて効率よく開発できるようになっている。また、新たに搭載された“ジオメトリシェーダー”により、細かい影の描写も、シンプルな手法で実現できるようになった。

独Crytek社が開発中のDirectX 10対応FPS『Crysis』のグラフィックの見本。肌の質感はまるで実物のよう

ただし、DirectX 10の機能を活用するには、対応するGPUがパソコンに必須となる。現時点では米エヌビディア社(NVIDIA)の“GeForce 8”シリーズと、米AMD社の“Radeon HD 2000”シリーズが対応している(ローエンド品では対応していないGPUもあり)。

スタートメニューの検索ボックスに“dxdiag”と入力すれば、“DirectX診断ツール”を起動できる。DirectXバージョンに“DirectX 10”と表示されている

DirectX 10に完全対応するゲームはまだごく少数だが、遠からず美麗なグラフィックがリアルタイムで描写される3Dゲームが楽しめるようになるはずだ。

DirectX 9

DirectX 9

DirectX 10

DirectX 10

左はDirectX 9、右はDirectX 10で作った画像。左もそこそこリアルな質感だが、右の画像と比べると違いは一目瞭然

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン