このページの本文へ

VGA×1→DVI×2に!Matrox「DualHead2Go」に“Digital Edition”が登場!

2007年07月05日 22時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PC側のVGA出力を2つに分岐し出力可能にするというMatrox製のグラフィックボックス「DualHead2Go」に、DVI出力に対応した「DualHead2Go Digital Edition」(型番:D2G-A2D-IF)が登場した。

「DualHead2Go Digital Edition」

DVI出力に対応した「DualHead2Go Digital Edition」(型番:D2G-A2D-IF)

 サイズ10(D)×14(W)×3.2(H)cmの本体は1系統のD-Sub15ピンアナログ入力と2系統のDVI-I出力を装備。最大解像度は3840×1200ドット(2画面出力時は1920×1200ドット)で、USBバスパワーで動作する。対応OSはWindows 2000/XP/XP x64bit/Vista/Mac OS X v10.4。もちろんVGA出力端子を装備したPCであればノートPCでも使用可能となるのは今回も同じだ。なお同社ウェブサイトには動作可能GPUのリストが掲載されているので購入の際には一度目を通しておきたい。販売しているのはアークで価格は3万1800円となっている。

1系統のD-Sub15ピンアナログ入力と2系統のDVI-I出力を装備。最大解像度は3840×1200(2画面出力時は1920×1200)で、USBバスパワーで動作。VGA出力端子を装備したPCであればノートPCでも使用可能となるのは今回も同じだ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中