このページの本文へ

初の“Radeon HD 2600 Pro”搭載カードがSapphireから2モデル登場!

2007年07月05日 23時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新型Radeonシリーズのミドルレンジモデルとなる“Radeon HD 2600 Pro”を搭載する初のPCI-Express x16対応ビデオカード「RADEON HD 2600 Pro 256MB/512MB GDDR2 PCI-Express BOX」がSapphireから発売された。

RADEON HD 2600 Pro
“Radeon HD 2600 Pro”を搭載する初のPCI-Express x16対応ビデオカード「RADEON HD 2600 Pro 256MB/512MB GDDR2 PCI-Express BOX」。発売されたのはDDR2 256MBとDDR2 512MBの2モデルだ

 今週初登場となった“Radeon HD 2600 XT”搭載カードに続き、今度は同じくミドルレンジモデルの“Radeon HD 2600 Pro”を搭載する初の製品が登場した。“Radeon HD 2600 Pro”は“Radeon HD 2600 XT”の下位モデルとなる製品で、コアクロックを800MHzから600MHzに下げたもの。DirectX 10やShader Model 4.0、UVDのサポートはもちろん、120基のストリームプロセッサや8基のテクスチャーユニット、メモリーインターフェースが128bitなどの基本的な仕様は同じだ。
 発売されたのはDDR2 256MBとDDR2 512MBの2モデル。インターフェイスはDual DVI/TV-OUT(HDTV出力対応)という構成だ。今日から販売しているのはいずれもT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格はDDR2 256MBモデルが1万3780円、DDR2 512MBモデルが1万4980円となっている。

「RADEON HD 2600 Pro 256MB/512MB GDDR2 PCI-Express BOX」カード本体 「RADEON HD 2600 Pro 256MB/512MB GDDR2 PCI-Express BOX」インターフェイス部
“Radeon HD 2600 XT”の下位モデルとなる製品で、コアクロックを800MHz→600MHzに下げたのが“Radeon HD 2600 Pro”となる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中