このページの本文へ

ガンホー、『ラグナロクオンラインDS』などで家庭用ゲーム機市場に参入

2007年07月04日 17時29分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)(以下ガンホー)は4日、任天堂(株)の携帯ゲーム機『ニンテンドーDS』用に『ラグナロクオンラインDS』など3タイトルのソフトを発表し、家庭用ゲーム機市場への参入を発表した。

ガンホーは従来、パソコン用のMMORPG(大規模マルチプレイヤーオンラインRPG)タイトルを中心に、パソコン用オンラインゲームや携帯電話向けゲームなどの事業を展開していた。しかし、従来より家庭用ゲーム機市場への参入も表明しており、今回の発表で参入が実現したことになる。

発表されたタイトルはいずれもニンテンドーDS用で、同社が得意とするオンラインRPGから、急激に市場が広がっている教養ソフトまで、バラエティーに富んだラインナップとなっている。

『さかなと遊ぼう!アクアゾーンDS~海水魚~』
パソコン用で根強い人気を誇る熱帯魚飼育ソフトのDS版。タッチペンを使って飼育が可能。2007年12月発売予定。価格未定。
『さかなと遊ぼう!アクアゾーンDS~海水魚~』(画像は開発中のもの) (C)2007 e frontier, Inc. (C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
『假屋崎省吾監修フラワーアレンジメントDS』(仮称)
華道家の假屋崎省吾氏監修による、生け花を学ぶ教養ソフト。2008年発売予定。価格未定。
『假屋崎省吾監修フラワーアレンジメントDS』(仮称) 『假屋崎省吾監修フラワーアレンジメントDS』(仮称、画像は開発中のもの) (C)2008 Shogo Kariyazaki (C)2008 GungHo Mode, Inc. All Rights Reserved. (C)2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
『ラグナロクオンラインDS』
Windows用MMORPG『ラグナロクオンライン』の名を冠したゲーム。詳細は未公表。2008年発売予定。価格未定。
『ラグナロクオンライン』のキャラクターイラスト 『ラグナロクオンライン』のキャラクターイラスト(Windows版) (C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Right Reserved. (C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

特に注目されるのは、ラグナロクオンラインDSであろう。オリジナルの『ラグナロクオンライン』はWindows用のMMORPGであるが、ラグナロクオンラインDSがどのようなゲームになるかは、現時点では公表されていない。もし、(株)スクウェア・エニックスのMMORPG『ファイナルファンタジーXI』のように、異なるプラットフォームのプレイヤーが同一の仮想世界内で遊べるクロスプラットフォームタイプのゲームになるのであれば、世界で初めてプラットフォームに携帯ゲーム機を加えたMMORPGということになる。

しかし、ゲーム中は常時インターネットに接続している必要のあるMMORPGを、そのまま携帯ゲーム機に持ち込むのは難しい面もある。そのため、Windows版とはまったく異なるゲームとなる可能性も否定できない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン