このページの本文へ

工人舎、ワンセグチューナー搭載のUMPC“KOJINSHA SH”を発表

2007年06月26日 00時00分更新

文● 編集部 小林 久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)工人舎は26日、モバイルノートパソコン“KOHJINSHA SH”シリーズ3モデルを発表した。4月に発表された“同SA”シリーズ(関連記事)の上級機種という位置付け。本体にワンセグチューナーを搭載したほか、基本性能の向上を図っている。価格は9万9800円から。同社直販サイトなどを通じて、30日から販売する。

KOHJINSHA SH
KOHJINSHA SH。色は黒と白が選べる

CPUの高速化や解像度の向上など、従来機の不満点を解消


KOHJINSHA SHは“Intel Ultra Mobile Platform 2007”の仕様に準拠したUMPCで、タッチパネルやコンバーチブル型の液晶ディスプレーを装備している。CPUはIntel processor A100-600MHzとなる。

液晶ディスプレーはタッチパネル付きで、前後に180度回転させることが可能。サイズは7インチと変更ないが、解像度が従来の800×480ドットから1024×600ドットに向上した。

KOHJINSHA SHキーボード
詳細は公表されていないが、キーボードも若干大きくなったという

130万画素のカメラを液晶ディスプレーの上部に装備する。本体サイズは幅227×奥行き170×高さ33mm(最薄部25.4mm)、重量は約993g。従来機種と比較すると、幅が9mm、奥行きが7mm、重量が33g増加しているが、その代わりにキーボードを若干ゆとりのあるサイズにしたという。液晶ディスプレーを内側に向けた状態での耐荷重は100kg。

KOHJINSHA SHタブレットスタイル チューナーとカメラ
液晶パネルを180度回転させて、タブレットスタイルにしたところ目玉機能のひとつがワンセグチューナー。アンテナは着脱できる。また130万画素のカメラも搭載する

インターフェースに関しては、USB 2.0×2、CFカードスロット、SDメモリーカード/メモリースティック/MMCに対応した3in1スロット、Ethernet端子、ディスプレー出力(ミニD-Sub 15ピン)。通信機能として、無線LAN(IEEE 802.11b/g)、Bluetooth 2.0+EDRなどを装備している。

KOHJINSHA SHタブレットスタイル ボタン類
ディスプレーの表示を90度回転させて写真のように縦位置で構えることもできる液晶パネルのサイドにはスクロールやランチャー表示などのための各種ボタンを装備する

上位2モデルはOrigami Touch Pack対応


3モデルのうち下位となる『SH6KB04A』(黒)と『SH6WB04A』(白)は、OSがWindows Vista Home Basicで、標準搭載メモリーが512MB、HDD容量が40GB、バッテリー駆動時間が約3.5時間(標準)/約7時間(ラージ)で、価格9万9800円。

中位の『SH6KP10A』(黒)と『SH6WP10A』(白)は、Windows Vista Home Premium、標準1GBメモリー、100GB HDD、バッテリー駆動時間が約3.3時間(標準)/約6.6時間(ラージ)で、価格は11万9800円。

最上位の『SH6KP10F』(黒)と『SH6WP10F』(白)は、中位モデルにOffice Personal 2007をプレインストールしたもので、価格は13万9800円。

KOHJINSHA SHの天板
天板を閉じたところ。耐加重100kgとリリースにある

なお、Home Premium搭載の上位2モデルに関しては、マイクロソフトが提供するUMPC用フィーチャーセット(Origami Touch Pack)もプレインストールしている。これにより、Media CenterライクなGUIを指で触れて、画像や音楽といったコンテンツを簡単に呼び出すことができる(詳しくは、ASCII.jpムービーフラッシュの動画を参照)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン