このページの本文へ

ZOTACから“Geforce8500GT/8600GTS”搭載のOCモデルが販売開始

2007年06月20日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZOTACから“Geforce 8500 GT”と“Geforce 8600 GTS”を搭載したオーバークロック版となるPCI Express x16対応ビデオカード「ZT-85TE250-FPL」、および「ZT-86SE25P-FPP」が発売された。

“Geforce 8500 GT”搭載の「ZT-85TE250-FPL」はコアクロックがリファレンスの450MHから700MHzへと大幅オーバークロックされているのが特徴の製品。とはいえ、なぜかメモリクロックは標準の800MHz。ちょっと惜しい感じ

 “Geforce 8500 GT”搭載の「ZT-85TE250-FPL」はコアクロックがリファレンスの450MHから700MHzへと大幅オーバークロックされているのが特徴の製品。とはいえ、なぜかメモリクロックは標準の800MHzのまま。インターフェイスはDVI/VGA/TV-OUT(HDTV出力)という構成で、搭載メモリはDDR2 256MB。できればメモリはDDR3を採用して欲しかった、実に惜しい製品だ。価格はアークで1万2480円。

“Geforce 8600 GTS”搭載の「ZT-86SE25P-FPP」はコア/メモリクロックがリファレンスの675MHz/2000MHzから720MHz/2200MHzにオーバークロックされているモデル。ちなみにお馴染みのDVI-HDMI変換はどちらのモデルにも付属

 “Geforce 8600 GTS”搭載の「ZT-86SE25P-FPP」はコア/メモリクロックがリファレンスの675MHz/2000MHzから720MHz/2200MHzにオーバークロックされているモデル。インターフェイスはDualDVI/TV-OUT(HDTV出力)という構成で、搭載メモリはDDR3 256MB。価格はアークで2万7980円だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中