このページの本文へ

“Geforce8600GT/8500GT”搭載のスーパーOCモデルがGALAXYから発売に!

2007年06月14日 23時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “COMPUTEX TAIPEI 2007”でも展示されていたGALAXY製“Geforce 8600 GT/8500 GT”搭載のオーバークロック版ビデオカードの販売が今日から秋葉原で始まった。

 登場したのは“Geforce 8600 GT”搭載の「GF P86GT-GE/256D3」と、“Geforce 8500 GT”搭載の「GF P85GT-GE/256D3」の2モデル。どちらもコア/メモリクロックを大幅にオーバークロックしたのが特徴で、“COMPUTEX TAIPEI 2007”のGALAXYブースでは“Galaxy Edition”として展示されていた。

GeForce 8600GE “COMPUTEX TAIPEI 2007”で展示されていた「GeForce 8600GE」

 “Geforce 8600 GT”搭載の「GF P86GT-GE/256D3」はコア/メモリクロックを標準の450MH/800MHzから650MHz/2000MHzへと引き上げた、まさにスーパーオーバークロックモデルといえる製品。“COMPUTEX TAIPEI 2007”のGALAXYブースでも、上位モデルのGPU“Geforce 8600 GTS”相当のパフォーマンスを実現するとして紹介されていた。冷却クーラーにはお馴染みクーラーマスター製のものを採用。インターフェイスはDVI/VGA/TV-OUT(HDTV出力)という構成で、搭載メモリはDDR3 256MB(1.0ns)というスペック。価格はアークで2万480円。

「GF P86GT-GE/256D3」 「GF P86GT-GE/256D3」 「GF P86GT-GE/256D3」
“Geforce 8600 GT”搭載の「GF P86GT-GE/256D3」はコア/メモリクロックを標準の450MH/800MHzから650MHz/2000MHzへと引き上げた、まさにスーパーオーバークロックモデル。GALAXYいわく、上位モデルのGPU“Geforce 8600 GTS”相当のパフォーマンスを実現するという

 “Geforce 8500 GT”搭載の「GF P85GT-GE/256D3」は、コア/メモリクロックを標準の450MH/800MHzから600MHz/1400MHzへとクロックアップ。インターフェイスはDVI/VGA/TV-OUT(HDTV出力)という構成で、搭載メモリはDDR3 256MBというスペック。こちらも販売を確認したのはアークで、価格は1万3480円だ。

「GF P85GT-GE/256D3」
“Geforce 8500 GT”搭載の「GF P85GT-GE/256D3」は、コア/メモリクロックを標準の450MH/800MHzから600MHz/1400MHzへとクロックアップしたモデル

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中