このページの本文へ

価格は4935円

コレガ、インターネット回線自動判別機能搭載の有線ブロードバンドルーターを発売

2007年06月12日 21時34分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コレガは12日、“インターネット回線自動判別機能”を搭載した10/100BASE-TX準拠の有線ブロードバンドルーター『CG-BARMX3』を今月下旬に発売すると発表した。価格は4935円。

CG-BARMX3 CG-BARMX3

CG-BARMX3はWAN側に10/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)×1、LAN側に10/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)×4を備える有線ブロードバンドルーター。PPPoE接続/DHCP接続/固定IP接続の判別だけでなく、接続したモデムにルーター機能が内蔵されていれば自動的にスイッチングHubとして機能するといった判別も行なえるインターネット回線自動判別機能を、同社の有線ブロードバンドルーターとしては初めて搭載したのが特徴。また、筐体に新設計のコンパクト筐体(幅26×奥行き86×高さ138mm)を採用している。

実効スループットはSmartBitで約85Mbps、FTPで約80Mbps、PPPoEで約80Mbps(同社測定値)。セキュリティー機能はDoS攻撃防御(不正アクセス検出、ログ機能)、SPI(Stateful Packet Inspection:ファイアウォールを通過するパケットの内容を読み取り、不正なパケットと判断されたパケットを遮断する機能)、パケットフィルタリングに対応する。IPv6ブリッジ、UPnP、VPNパススルー(IPsec/PPTP/L2TP)にも対応。重量は170g。電源は付属ACアダプター(AC100V)を利用し、最大消費電力は7W。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98 SE、Mac OS X 10.4以降。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン