このページの本文へ

エレコム、Windows Media CenterやAV機器を操作できる学習機能付きリモコンを発売

2007年06月12日 15時01分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エレコム(株)は12日、Windows Vista Home Premium/Ultimateに搭載されているマルチメディア機能を呼び出すインターフェース“Windows Media Center”と、別の1台のAV機器をリモート操作できる赤外線方式のワイヤレスリモコン『RC-MV01L』を7月中旬に発売すると発表した。価格は6300円。

RC-MV01L

RC-MV01L、左から本体、レシーバー、USBケーブル、IRブラスターケーブル

RC-MV01Lは、音楽/動画/テレビなどのマルチメディア機能を統合したWindows Media Centerが搭載されたWindows Vista Home Premium/Ultimate専用のワイヤレスリモコン(赤外線通信)。USB接続のレシーバーユニットを利用して、Windows Media Centerの起動や、“ピクチャ”“ラジオ”“ビデオ”などの各メニューを1ボタンで起動・切り替えられる“メディアセンター起動ボタン”と“一発メニュー切替ボタン”を搭載しているのが特徴。そのほか、DVDプレーヤーなどのAV機器の中から1台を操作できる“学習機能”を内蔵している。AV機器のリモコン信号をパソコン側に記憶させて、パソコンからIRブラスター経由でAV機器をリモート操作を可能とする。リモコンには、IRブラスターの信号の送信確認ができる“LED表示機能”を搭載している。また、“Windows Vista Premium”ロゴを取得している。

インターフェースはUSB 2.0/1.1。赤外線通信範囲は7~10m。電源は単4形乾電池×2本を利用する。本体サイズはリモコンが幅54×奥行き180×高さ20mm、重量は84g。レシーバーが幅43×奥行き48×高さ19.3mm、重量は20g。対応OSはUSB端子とTVチューナーを搭載し、Windows Vista Home Premium/Ultimateを搭載したPC/AT互換機。IRブラスターケーブル(ケーブル長3m)、USBケーブル(ケーブル長2m)、単4形乾電池2本が付属する。

LD-TWSシリーズ

LD-TWSシリーズ

併せて同社では、10G BASE-T準拠の10Gigabit Ethernetに対応するカテゴリー7対応のLANケーブル “LD-TWSシリーズ”を7月上旬に発売すると発表した。ラインナップは0.5m/1.0m/2.0m/3.0m/5.0m/10.0m/15.0m/20.0mを用意する。価格は1700円から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン