このページの本文へ

ツンデレな気持ちを仲村みうが歌う! 衣装は専用ゴスロリ服

2007年06月11日 23時15分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
仲村みう

 ソロのイメージDVDラストを宣言して話題になった仲村みうさんが、PVを収録したDVD付きCD『みうみうの吐息~強がる愛のかたち~』(発売:GIRLS' PARTY/2079円)で歌手デビュー。9日に秋葉原の石丸電気ソフトワンで記念イベントが行なわれた。

 1曲目に収録されたのは、中森明菜さんの「少女A」のカヴァー。往年の名曲をまさか自分が歌うとは思ってもおらず、腹式呼吸のレッスンからスタートし、家ではお風呂で熱唱するなどの隠れた努力も続けてきたという。上手に歌えないと感じて泣きながらレコーディングに臨んだというが、16歳の誕生日が重なったので、休憩中にはケーキでのお祝いも。今度はうれし涙で号泣しながら歌ったという逸話も披露した。

仲村みう

 2曲目がオリジナル曲となる「yes」。アップテンポで気合いが乗る曲となっており、「仲村家ではイチオシ。高速(道路)で流したい曲です」とのこと。CD全体のタイトル関しては、「素直になれない女の子の想い。ツンデレな雰囲気をイメージしました」と説明してくれた。

 実際にステージで歌っているところを見ると、練習の甲斐もあってなかなかの歌声。敢えて笑顔を見せずに歌いきるあたりは、まさに素直になれない女の子=ツンデレな印象である。黒と紫を基調としたセクシー系のゴスロリ衣装は、採寸から始めて、仲村さんの体のサイズにぴったりフィットさせた完全オリジナル。「自分で作っていませんが、まるで我が子のような感じ。密かにもらいたいと思っています(笑)」といたくお気に入りの様子だった。

 今回のCD発売記念イベントは、16日にも大阪のディスクスピア日本橋で12時から、信長書店で15時から開催される予定。関西地区の人は要チェック。歌手活動以外では、7月6日からTOKYO MXのアイドル特撮番組『時空警察ヴェッカーシグナ』に出演する。演じるのは、黒い衣装に身を包んだ“時空特捜キリー”役。謎の女の子で、ポジション的にはかなり注目される役どころになりそうである。

仲村みう 仲村みう 仲村みう
歌手活動以外では、7月6日からTOKYO MXのアイドル特撮番組『時空警察ヴェッカーシグナ』に出演する。演じるのは、黒い衣装に身を包んだ“時空特捜キリー”役。謎の女の子で、ポジション的にはかなり注目される役どころになりそうだ

■プロフィール

仲村みう(なかむら・みう)
生年月日:1991年3月14日生まれ
出身地:岩手県出身
血液型:B型
サイズ:T156、B84、W56、H87
趣味:プリクラ、人形集め
特技:テニス

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ