このページの本文へ

まちおこし、計170本のバイラルコンテンツを展示した“藤井組ギャラリー”を開始

2007年06月11日 14時35分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)まちおこしは11日、ウェブ漫画やショートアニメなどを計170本展示したバイラルコンテンツのサンプルサイト“藤井組 Gallery(http://www.fujiigumi.com/)の公開を開始したと発表した。


バイラルコンテンツ ウイルスのように広がっていくという意味で口コミによって拡大することを目指したコンテンツ。

ウェブ漫画『かへ』

公開から4日で120万PVを獲得したというウェブ漫画『かへ』

藤井組 Galleryは、ウェブ漫画Flashコンテンツウェブ絵本などを計170本のバイラルコンテンツを展示しているサンプルサイト。CGM構築には、ユーザーを巻き込む工夫を持った独自性を打ち立てて製作する必要があるとしており、同社はこのコンテンツによって、口コミをコントロールするのではなく、口コミしたくなる理由をユーザーに提供し続けるという。

同社では、今月中に掲載コンテンツを200本に増やす見込みで、今夏には総計300本のコンテンツ制作を予定している。またCGMから書籍化した出版物を1冊、(株)アスペクトから出版するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン