このページの本文へ

SaaSとパッケージは置き換えるものではない? オラクル、CRM On Demandを説明

2007年05月30日 12時01分更新

文● 渡邉利和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本オラクルは5月29日、同社のSaaS型CRMアプリケーション「Oracle Sieble CRM On Demand」に関する説明会を開催し、CRM市場に対する同社の戦略を説明した。


Siebel CRM On Demand R14は今夏から提供を開始


SaaSとパッケージは置 き換えるものではない? オラクル、C...

米オラクルCRM On Demand担当シニア・バイスプレジデント アンソニー・ライ氏

 説明を行なったのは、米オラクルのCRM On Demand担当シニア・バイスプレジデントであるアンソニー・ライ氏。同氏はコラボレーティブCRMの会社だったePeopleの社長兼CEOから米シーベルに転身、買収によってオラクルに入社した。CRM市場での長い経験を持つ、同分野の専門家である。

 同氏はCRMアプリケーションを、その提供形式から“On Premise”と“On Demand”の2種類に分類する。

SaaSとパッケージは置 き換えるものではない? オラクル、C...

オラクルが提供する“On Premise”と“On Demand”の違い

 “On Premise”は従来型のパッケージ形式で、ユーザーが独自にサーバを設置し、運用していくもの。同社のラインナップでは、「Oracle Siebel 8」が相当する。“On Demand”はSaaS型のサービスとして利用されるもので、「Oracle Siebel On Demand Release 14」がこちらに当たる。この2種類はユーザー企業のCRMに対する期待や位置づけによって使い分けられるもので、どちらかが他方を置き換えるような性格のものではないという。

 もちろん、ユーザー企業によってはOn PremiseからOn Demandへの移行を行なった例も珍しくはないが、これはOn Demandが優れているということではなく、そのユーザー企業の使い方にはOn Demandの方が適していたみるべきだ。この認識から、同社ではOn Premise型のSiebel 8とOn Demand型のSiebel CRM On Demand R14の両方を提供する。ユーザー企業も、自社の目的に合わせてこのどちらかを選ぶか、あるいは両方を併用して使い分けることになるのだという。

 なお、On Demand型の新版であるSiebel CRM On Demand R14は、既存のCRM On Demandユーザーに対する提供をこの夏から開始する予定だという。また、今後新たにCRM On Demandを使い始める新規ユーザーに対しては、最初からR14を使い始める形で提供するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ