このページの本文へ

東芝、東南アジアおよび香港で初のHD DVDプレーヤー『HD-E1』を発売

2007年05月29日 18時40分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東芝の『HD-E1』
東芝の『HD-E1』

(株)東芝は29日、シンガポールにおいてHD DVDプレーヤーの新製品『HD-E1』を30日(現地時間)に発売すると発表した。価格は999シンガポールドル(約7万9000円)。これは、東南アジアおよび香港で発売される初のHD DVDプレーヤーで、日本で発売中の第2世代機『HD-XF2』(2006年11月発表)や米国で発売中の『HD-A1』と同様、1080iのHD出力に対応する。HDMI端子を持つTVに接続することで、HD DVDを高解像度で楽しめるほか、通常のDVDタイトルも1080iにアップスケールして出力する機能を持つという。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン