このページの本文へ

DFIオリジナル設計となる“nForce 650i Ultra”搭載マザーの販売がスタート

2007年05月26日 22時10分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DFIから“nForce 650i Ultra”を搭載するLGA775対応マザーボード「INFINITY NF650i ULTRA-T2」が登場、今日からアークで販売されている。

「INFINITY NF650i ULTRA-T2」
DFIオリジナル設計となる“nForce 650i Ultra”搭載マザー「INFINITY NF650i ULTRA-T2」

 x8レーンのSLIサポートを省略したコストパフォーマンス重視のチップセットとなる“nForce 650i Ultra”は、今までにXFX「MB-N650-IUL9」Albatron「NF 650i Ultra」が発売されている。どちらもNVIDIAリファレンスデザインの製品で、ひとたびパッケージから出してしまうと見分けが付かないほど似た製品となっていた。
 そんな中、今回登場したDFI「INFINITY NF650i ULTRA-T2」は、同社のオリジナル設計というのが大きな特徴で、North bridgeのヒートシンクは4cm角ファンを挟み込むように装備。South bridgeにも別途ヒートシンクを備えている。拡張スロットの構成はPCI-Express x16×1、PCI-Express x1×2、PCI×3、メモリはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667/533、最大8GB)とこちらに変更はないが、オンボードインターフェイスはIEEE1394(VIA/VT6307)が追加され、ギガビットイーサネット(Vitesse/VSC8601)、8chサウンド(Realtek/ALC885)、Serial ATA II×4(RAID対応)などを搭載する。その他、対応FSBは1333MHzまで。電源/リセットボタンを基板上に備える点など、いかにもオリジナル設計といえそうな機能も用意される。価格は1万9990円となっている。

「INFINITY NF650i ULTRA-T2」
North bridgeのヒートシンクは4cm角ファンを挟み込むように装備。電源/リセットボタンを基板上に備える点など、いかにもオリジナル設計といえそうな機能も用意されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中