このページの本文へ

容量は1GB/512MB/256MBの3タイプ

ソニー、小型フラッシュメモリー『メモリースティック マイクロ』を発表

2007年05月22日 14時49分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)とソニーマーケティング(株)は22日、携帯電話機など小型デバイス向けの小型IC記録メディアの新製品として、『メモリースティック マイクロ』(通称:M2)を6月21日に発売すると発表した。1GB/512MB/256MBの3タイプが用意され、いずれもメモリースティック デュオスロットに装着するためのアダプターが同梱されている。価格はオープンプライス。予想実売価格は順に、4000円前後、3000円前後、2500円前後。同時にメモリースティックスロットに装着するためのアダプターも発売される。価格は780円。

メモリースティック マイクロ

メモリースティック マイクロ。技術発表時点では、理論的に最大容量は32GBまでとされていたが、今回は最大1GBが製品化、出荷される

メモリースティック マイクロは2005年9月に技術発表され(関連記事)、2006年2月に欧州で先行して発表・出荷されていた小型フラッシュメモリー。サイズと重量は、幅12.5×奥行き15×高さ1.2mm/約1g。これは従来のメモリースティック デュオの約1/4の小型さだという。著作権保護機能“マジックゲート”にも対応する。

メモリースティック デュオ用アダプター

メモリースティック デュオ用アダプター

メモリースティック用アダプター

メモリースティック用アダプター

動作電圧は1.8V/3.3V(メモリースティックPRO向け)に対応し、転送速度は最大160Mbps(理論値)、最低書き込み速度は15Mbps(最適化された対応機器との組み合わせの場合)。消費電流は動作時平均で最大65mA(シリアル)もしくは最大100mA(パラレル)、スタンバイ時は最大1.0mA。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン