このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

おとなの社会科見学 Web版 ― 第3回

なにをやってもマイルが貯まる! ポイントサービス新時代

2007年05月23日 00時00分更新

文● 山崎マキコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

月刊アスキー 2007年5月号連動記事

ジー・プラン
ジー・プラン
ジー・プラン
ジー・プラン
ジー・プラン

ブラジャーを買って飛行機に乗る


 皆様こんにちは。今月の「おとなの社会科見学」Web版でございます。今月は「ポイント交換ネットワーク運営」なる事業を行っている、ジー・プラン株式会社へとお邪魔してきましたよ。で、印象に残った部分をふたつだけ話すとすると、まず、

 「なるほど、こういうビジネスもアリだよね。   だれが考え付いたか知らないが、
  頭の良い人もいたもんだ」

 ってこと、そして、

 「ブラジャー買って、
  マイルを貯めることもできるのか!」

 であります。

 そう、ホントにね、ブラジャーを買ってもANAのマイルに交換できるんですよ。たとえばカタログ通販のニッセン。Gポイントの会員に立ったうえで、Gポイントサイト経由でココの商品を購入すると、ジー・プランが発行している「Gポイント」ってもんを獲得できて、その獲得したGポイントを、今度はANAのマイルに交換したりとか、三井住友VISAカードのポイントに交換したりとか、あるいはイーバンク銀行で現金に換えたりとかできちゃう。

 なんでわたしがさっきからブラジャーを連呼してるか、というのはあとでバラすとして、軽くGポイントの仕組みを説明すると――。ジー・プランと契約している各企業のポイントがありますよね。そのポイントを設定レートに沿ってGポイントに変換することができちゃう。仮にA社の10Aポイントを10Gポイントに変換したとします。すると今度はその10GポイントをB社の20Bポイントに再度変換できるサービスというわけ。

 なんでも最近は顧客の囲い込みを目的にポイントサービスをやってる会社も少なくないらしいんだけど、ポイントが使える分まで貯まらないうちに有効期限がきてしまったりして、顧客のモチベーションがいまひとつ上がらなかったりする一方で、ポイントを発行する企業の側としては、魅力的なポイント交換品を揃えようとしても顧客の要望とうまく合致しなかったり、在庫を抱えるリスクがあったり、要は案外うまくいかないもんらしい。だったら各企業のポイントを統合して、たとえばマイルなんかに変換できるようなシステムを作れば、顧客のモチベーションが上がるだろう。だったらその交換の仕組みを作りましょうというのがジー・プランのビジネスなのだった。ちなみに金銭的にどうやってこのビジネスが成り立っているかという話については、本誌のほうをご覧くださいませ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1227 (2019年4月23日発行)

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ASCII 春のベストセレクション 2019!編集部注目のデジタルガジェットを紹介

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中