このページの本文へ

マイクロソフト、「Microsoft Dynamics CRM」に分析テンプレートの提供を発表

2007年05月15日 19時09分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトは同社の顧客管理ソフト「Microsoft Dynamics CRM」の分析テンプレートを6月末日に提供開始することを発表した。


「容易に安価にBI」を実現する、Microsoft Dynamics CRMの分析テンプレート


「Microsoft Dynamics CRM」に、新たにBI(Business Intelligence)を実現するCRM分析テンプレート機能を6月末に提供する。

 CRM分析テンプレートは、マイクロソフトのBI製品を活用した分析系CRM構築するためのシステム基盤で、Microsoft Dynamics CRMをデータソースとした分析用キューブ、ビジネス スコアカードおよび KPIなど数多くのテンプレートプログラムとともに提供される。また、CRM の包括的な分析と管理を短期間のうちに可能にする。Dynamics CRM のユーザは、CRM 分析テンプレートの機能群を活用することで重要な情報や指標にリアルタイムでアクセスすることが可能となる

 たとえば、CRM分析テンプレートを用いた付加価値の高い分析として、「リアルタイム業績管理」「非定型アドホック分析」「予測分析」などが可能となる。

 CRM分析テンプレートによって提供される売上高や新規顧客獲得数、問い合わせの平均解決時間、サービス契約更新率など31のサンプルKPIと、95の定型サンプルレポートによって、管理者向けの重要な業績管理をリアルタイムに実現する。また、Microsoft Excelのピボットテーブルやピボットグラフを利用した一時的な多次元分析環境を提供することによって「非定型アドホック分析」を可能としており、Microsoft SQL Server Analysis Services に含まれている高度なデータマイニングアルゴリズムを利用することで、顧客情報の中に規則性を見つけ出し、ビジネスのパフォーマンス向上に繋がる提案や意思決定案など「予測分析」を行なうことができる。

 マイクロソフト ビジネスソリューションズ事業統括本部 MBSプロダクトマーケティング本部 CRMプロダクトマネージャ吉田周平氏は「BIに対してユーザーは価格や操作性の点などで不満を持っている。追加ライセンスを必要とせず、Microsoft Office 製品上で利用できるCRM分析テンプレートによって、BIの概念をもっと簡単でかつ低価格なものに変えていきたい」と述べている。

マイクロソフト ビジネスソリューションズ 事業統括本部 MBS...
ビジネスソリューションズ事業統括本部 MBSプロダクトマーケティング本部 CRMプロダクトマネージャ吉田周平氏

 CRM分析テンプレートは、無償の共有ソフトウェアとして、パートナー企業に提供される。パートナー企業は、CRM分析テンプレートを活用して独自のビジネス インテリジェンスソリューションを開発し、エンドユーザに提供することができる。現時点ではベリングポイントやケイ・ピー・アイ・ファクトリーなどが自社のBIサービスにCRM分析テンプレートを組み込んだものを低供することになっている。

 将来的には Dynamics CRMのユーザが直接CRM分析テンプレートを無償で入手できるようにする予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ