このページの本文へ

最新OSを組み込んで使う

MacにVistaをインストールしよう!

2007年05月15日 01時30分更新

文● 田中俊光

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


4.Windows Vistaのインストール


言語を選んで次へ進む
Macが自動的に再起動し、DVDからWindows Vistaのインストーラが起動する。最初の画面では言語やキーボード週別を選んで“次へ”ボタンをクリック

今すぐインストールをクリック
今すぐインストールをクリック

アクティベーションを設定
Windowsの認証(アクティベーション)を自動的に実行するかどうか指定できる。プロダクトキーを入力し、“次へ”ボタンをクリック

ライセンス条項を読む
ライセンス条項を読み、“条項に同意します”のチェックを入れて“次へ”ボタンをクリック

カスタムインストールを選択
DVDからインストーラを起動した場合、“アップグレード”は無効になっている。“カスタム”をクリックして次へ進む

パーティションを選択
Windowsのインストール場所を指定する。iMacの場合、“ディスク0 パーティション3”だった。“空き領域”などからインストールするパーティションを推測し、誤ってMac OS Xパーティションの内容を消してしまわないよう十分に注意しよう

インストールを実行
Windows Vistaのインストールを実行。途中で2回、自動的に再起動する

ユーザーを設定
ユーザー名とパスワード、アカウントで使用する画像を指定して“次へ”ボタンをクリック

コンピュータの名前とデスクトップの背景を設定
コンピュータの名前とデスクトップの背景を指定して“次へ”ボタンをクリック

更新プログラムのインストール方法を選ぶ
Windowsの更新プログラムを自動的にインストールするかどうか指定する。通常は“推奨設定を使用します”を選んでおけばいいだろう

時刻と日付を設定
時刻と日付を指定して“次へ”ボタンをクリック

コンピューターを使用する場所を指定
コンピューターを使用する場所を指定する

ログイン画面
これでインストール作業は完了。“開始”ボタンをクリックすると自動的にコンピュータのパフォーマンスに最適な設定が行なわれ、その後ログイン画面が現れる

(次ページに続く)

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中