このページの本文へ

米SAI社、デジタル写真の補正用ソフト『GreatPhoto v2.1』を発表

2007年05月12日 08時00分更新

文● 木下健児

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米SAI(ソフトウェア・アーキテクツ・インク)社は9日、デジタル写真の補正用ソフト『GreatPhoto v2.1』を発売した。価格は49.95ドル(約6000円)。

デジカメなどで撮影した写真を手早く補正する用途に用いる。専門知識を持たないユーザーでも、カラー、明るさ、彩度、コントラストなどを、最適な状態に補正することができるという“VistaMaxカラー補正”を用意。コントロールダイヤルを使ってリアルタイムで調節するインターフェイスを持つ。

今回のバージョンアップでは、選択範囲を素早く補正する“ゾーンエフェクト”や、目の周りの皮膚などをゆがめることなく、赤目現象だけを補正する“アドバンス赤目削減”といった機能が追加された。

対応OSは、Mac OS X 10.4以上。対応機種は、PowerPCまたはインテル製のCPUと、512MB(推奨は1GB)以上のメモリーを搭載したMacintosh。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中