このページの本文へ

いきなりベンチマークを敢行

まさに革命!! Mac Pro × CS3は爆速だった

2007年05月08日 17時30分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテルMacでは圧倒的な速度差のCS2/CS3


Photoshop関連のベンチマークでは、Mac Proだけで見てみると、前述のように2Dスクロールを除いて、CS2よりCS3のほうが高速化されたことがわかる。特に15種類のフィルターを連続で適用するアクションでは、2倍以上の速度差となった。

興味深いのは、Powe Mac G4/G5でJPEG画像を100枚開くテストを行なうと、CS2よりCS3のほうが遅い結果が出るということ。テストしたCS3がβ版なので何とも言い切れないが、現状ではPowerPCにあまり最適化されていないという一面もあるようだ。

実際、Core DuoのMacBook Pro-2.0GHzを使い、CS3でこの記事用の画像編集を行なってみると、ウィンドウの切り替え、アンドゥ、プレビューなど、さまざまな動作がCS2よりも速くなったと感じられた。


ファイルオープン

100枚/合計329.4MBのJPEGファイルをPhotoshopのアイコンにドラッグ&ドロップ。Photoshopが起動し、100枚目の写真が開き終えるまでの時間を手動で計測した


フィルターアクション

“色鉛筆”や“荒描き”など15種類のフィルター処理含むアクションを実行するのにかかった時間を計測した。元画像のサイズは横4064×縦2704ドットだ


2Dスクロール

縦14400×横640ドットの画像を開き、上から下までスクロールするのにかかった時間を計測した。2Dグラフィックの描画性能がわかる


(次ページに続く)

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中