このページの本文へ

グーグル訪問記

グーグルは想像以上にグーグルだった

2007年05月03日 00時00分更新

文● 遠竹智寿子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タクシー運転手も当惑するほど広いキャンパス


受付


 その朝、最初のインタビューの予定が45番ビルだと聞いていた。タクシーの運転手に言えばわかると聞いていたので、インド人の運転手に「グーグルの45番ビル」と告げた。

 グーグルキャンパス内に入るまでは、何の問題もなかったがそこで彼は少し迷った。「ちょっと前まではまだよかったけれど、最近は中のビルが増えてね。今度からはストリート名と番地も言ってくれ」とその運転手は話す。

 建物ごとに受付がある。受付のPCを使って情報を入力し、社内立ち入りに関するアグリーメント(同意文書)にデジタルサインを行なうとネームタグがミニプリンターから打ち出される。そのタグを付けて待つ。受付の横に大きなドリンクの自動販売機……ではなく、“無料提供ドリンク”の入った冷蔵ケースが置かれている。グーグル内で提供される飲食物がすべて無料であることは、よく知られている。


スナックは取り放題


 キャンパス内のどこに移動しようとも、お菓子やフルーツ、ドリンク類が、これでもかというほどに徹底して置かれている。のどが渇いたからと自販機を探し回る必要も、お腹がすいたからとコンビニに走る必要もまったくない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン