このページの本文へ

CFC、4800mAhの大容量外付け電池パック『TIBI4800J』を発売

2007年04月27日 12時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シーエフ・カンパニー(株)は26日、容量4800mAhの携帯機器用外付けリチウムイオン電池パック『TIBI4800J』の販売を開始したと発表した。価格はオープンプライスで、同社ウェブサイトでの直販価格は9975円。

TIBI4800J

TIBI4800J

TIBI4800Jは、充電/給電の双方に対応するUSB端子を1系統備える外付け電池パック。付属するUSBケーブルは片端がDC端子になっており、付属するコネクターを接続すれば、2.5mm/3.5mm/4.0mmφ(極性は中心が+)のDC入力端子を持つモバイル機器の充電が行なえる。また、(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモのFOMAとmova、ソフトバンクモバイル(株)のSoftBank 3G、KDDI(株)(au)のCDMA 1X WIN、(株)ウィルコムの各端末の充電に対応するコネクターも付属する。

本体サイズは幅71×奥行き54×高さ23mm、重量は127g。本体の充電にはACアダプターまたはUSBバスパワーを利用する(ただしUSBバスパワー充電には別途USBケーブルが必要)。

Synch

SynCh

なお同社では本製品の発売を記念し、同社ウェブサイトでTIBI4800Jを購入すると、USBケーブル『SynCh』(シンチ)がもらえるキャンペーンを今年6月末まで実施する。SynChはUSB(A)端子を2つ持つ2又ケーブルで、TIBI4800Jと接続することでUSB端子付き機器を2台同時に充電できる。また、パソコンと接続すれば、2台のバスパワー充電と同時に同時にデータのやりとりが行なえる(データ転送は1台のみ可)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン