このページの本文へ

どれも1~2万円台!格安ベアボーン3モデルがASUSTeKから!

2007年04月24日 22時50分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKからBOOK型ケースのベアボーンキット1種類と、MicroATXケースのベアボーンキット2種類の計3種類が発売された。どれも2万円台で購入できるという安さが魅力。

BOOK型ベア MicroATXケースベア
BOOK型ベアボーンキットの「P2-P5945」MicroATXケースベアの「V3-P5G965」と「V3-M2V890」

 「P2-P5945」は、Core 2 Duoに対応したBOOK型のベアボーンキット。マザーボードは“945G+ICH7”チップセットを搭載した同社製の「P5L8L」を採用している。主な仕様は、拡張スロットがPCI×2で、メモリスロットはDDR2 DIMM×2(DDR2-667/533、最大2GBまで)。オンボードインターフェイスにはチップセットによるVGA機能や、8chサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA II×2、ATA100×1、USB2.0、IEEE1394などを搭載する。BOOK型ケースのサイズは91(W)×357(D)×275(H)mmで、拡張ベイは5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×2という構成。そのほかケースには、5in1カードリーダ/ライタ(SD/MS/MS Pro/CF/MMC対応)が搭載されており、200W電源も付属している。カラーはブルーとホワイトの2色をラインナップ。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで2万5980円、BLESS秋葉原本店で2万6800円。

P2-P5945 P2-P5945
「P2-P5945」の内部。薄さ10cm以下のコンパクト設計ながら、DVI-D端子、光デジタル出力、カードリーダなどを装備し、最近では珍しい9pinシリアル端子も搭載している

 MicroATX対応のベアボーンはLGA 775対応の「V3-P5G965」と、Socket AM2対応の「V3-M2V890」の2製品をラインナップ。どちらも同じ筐体を使用している。「V3-P5G965」は、マザーボードに同社製の「P5B-VM」を搭載。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI×2。メモリスロットはDDR2-800/667/533対応のDIMMを4本(最大8GBまで)装備している。
 一方、「V3-M2V890」の拡張スロットはPCI Express x1×1、PCI×2という構成。ケースのサイズは168(W)×354(D)×380(H)mmで、拡張ベイは5インチ×2、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×1。電源は250Wのものが搭載されている。販売しているのはT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格はLGA 775対応の「V3-P5G965」が2万4800円、Socket AM2対応の「V3-M2V890」が1万4380円。

V3-P5G965 V3-P5G965
拡張ベイは5インチ×2、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×1という構成250W電源があらかじめ搭載されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中