このページの本文へ

斜めからも視野角176度を実現

シャープ、2000:1の高コントラストな新“モバイルASV液晶”を開発

2007年04月17日 16時35分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープが開発した新“モバイルASV液晶”のサンプル

シャープが開発した新“モバイルASV液晶”のサンプル。2.2インチサイズ以外に、写真の4インチクラスも展示されていた

シャープ(株)は17日、東京・大手町の経団連会館にプレス関係者を集め、2インチクラスで業界最高(2007年4月17日現在、同社調べ)という2000:1の高コントラスト、縦横に加えて斜め方向からも176度の広視野角、黒→白で8msの高速応答を実現した、新“モバイルASV液晶”(2.2インチ/QVGA表示)を開発したと発表した。サンプル出荷は今秋を予定しており、同社ではワンセグ対応携帯電話機などに最適、と応用分野を説明する。

新“モバイルASV液晶”のサンプル1

新“モバイルASV液晶”のサンプルは、斜めからの視野角をアピールするようにデモ展示されていた

新“モバイルASV液晶”のサンプル2

応用例として、人混みの後ろから、ケータイのカメラを、腕を伸ばして撮影する際にも、斜め後ろから見上げながら画面が確認できると説明

これは、同社の液晶TV“AQUOS(アクオス)”に適用している広視野角技術や、独自の液晶材料配合技術、液晶駆動技術などを応用して開発したもの。特に2000:1の高コントラストについては、液晶の傾斜方向を高精度に制御することで光の散乱を減らし、黒輝度を下げて深い黒が描けるようになったことで実現したという。

新“モバイルASV液晶”の開発に用いられた各種技術の説明

また、応答速度8msは、従来の応答速度25msに比べて3倍の速さとなり、動きの速い動画でも残像感が無く、ぶれずにくっきりした映像が得られるとしている。

モバイル液晶事業本部の方志教和氏

モバイル液晶事業本部の方志教和氏

技術説明に立ったモバイル液晶事業本部の方志教和モバイル液晶事業本部の方志教和(ほうしのりかず)氏は、「視野角180度をうたう製品もあるが、(シャープでは)そこまで測定できないため、176度が限界となる。実質的には(業界最高と)同等の性能が実現できる」「当初はQVGAで出すが、WQVGA(ワイドQVGA)やVGA、WVGA(ワイドVGA)への展開も行なう予定で、技術的な問題はない。サイズ的には10.4インチくらまでは可能と考えている。車載などの温度が高い環境への展開は、今後検証が必要だが、UMPC(ウルトラモバイルPC)までは(応用範囲を)考えているし、それ以外にも技術的には(展開が)可能」と説明し、今後この技術が同社の中小型液晶パネルの中核を担うものに育っていくと自信を見せた。

シャープが考える新“モバイルASV液晶”の応用分野

シャープが考える新“モバイルASV液晶”の応用分野

なお、記者からの質問に答えるQ&Aで、コストについて聞かれると、「有機ELは(同じサイズの液晶パネルに比べて)2倍、3倍と聞いているが、この画質で1.3倍までに抑えたいと思っている」と答えた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン