このページの本文へ

クーラーマスター製500/600W電源「iGreenPowerEMI」は日本限定仕様!

2007年04月13日 22時56分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターから電源ユニットの新製品「iGreenPowerEMI 500W」と「iGreenPowerEMI 600W」が登場、今日から販売が始まっている。同社の日本法人であるクーラーマスタージャパンのオリジナル製品だ。

クーラーマスターから電源ユニットの新製品「iGreenPowerEMI 500W」「iGreenPowerEMI 600W」が登場。パッケージも新たになったクーラーマスタージャパンのオリジナル製品となる

 この電源ユニットは、製品名にも記載されているように電磁波対策としてEMI対策が施されたシールド電源ケーブルを採用するのが特徴。フェライトコアがコンセント部、ソケット部に各1個搭載されており電力供給時により安定した電力をPCで使用することができるという。
 電源本体は、すでに販売されているNVIDIA SLI認証モデル“iGreenPower”シリーズをベースとしたもので、変換効率85%というウリも健在。本体には、電力消費効率による速度可変式の120mm角のファン(回転数約2300~800rpm/騒音値約28~17dB)を1基搭載し、コネクタ数は、ATXメイン(20ピン+4ピン)×1、ATX12V(4ピン)×1、EPS12V対応のATX12V(8ピン)×1、PCI Express用6ピン×2、Serial ATA用×6、HDD用×5、FDD用×1という構成。PCI-Express用6ピンケーブルにEMIシールド加工が施されている点も同じだ。価格は容量500W(ピーク時600W)「iGreenPowerEMI 500W」がTSUKUMO eX.で1万2800円、高速電脳で1万2967円、容量600W(ピーク時700W)「iGreenPowerEMI 600W」がTSUKUMO eX.で1万4800円、高速電脳で1万4962円となっている。

電源本体

電源本体は、すでに販売されているNVIDIA SLI認証モデル“iGreenPower”シリーズをベースとしたもので、変換効率85%というウリも健在

電源ケーブル

電磁波対策としてEMI対策が施されたシールド電源ケーブルを採用。フェライトコアがコンセント部、ソケット部に各1個搭載されており電力供給時により安定した電力をPCで使用することができる

仕様

+12Vは3系統。PCI-Express用6ピンケーブルにEMIシールド加工が施されている点も以前と同じ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中