このページの本文へ

アビーから準ファンレス仕様の1200W電源「AS Power Extremer E-1200EA」が登場予定

2007年04月12日 22時45分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 定格出力1200WのATX電源ユニット「AS Power Extremer E-1200EA」がアビーから13日発売予定だ。高出力電源ユニットのウィークポイントとも言える静音性を、同製品では電源の温度が約50度以下になると自動的にファンが停止する“BFS(バックアップ・ファン・システム)”と、同システムを支える2つの大型ヒートシンク、山洋電気製の12cmファンなどによって解決しているという。

AS Power Extremer E-1200EA

定格出力1200W(最大出力1300W)のATX電源「AS Power Extremer E-1200EA」。SSI-EPS12V Ver.2.92に準拠している

 12Vラインは6系統用意されており、+12V出力を6系統(SPLITモード)または1系統(COMBINEDモード)に自動で切り替える“インテリジェントパワーセレクター”を採用し、システムの安定に最適な出力配分を常に監視している。また、必要に応じて着脱可能な5本のPCI Expressコネクタケーブル(6+2ピンタイプ×2本、6ピンタイプ×3本)のほか、PCI Express補助電源コネクタの標準装備によりSLI/CrossFireはもちろん、Quad SLIも余裕でアシストできるとしている。

着脱式コネクタ

基幹となるケーブル以外は着脱式のコネクタを採用。ファンは山洋電気製の12cm角を1基搭載している

BFSスイッチ

約50℃を境にファンの起動/停止を自動で制御。ファンを常時稼動させたい場合は、本体リアパネルの“BFS”スイッチを“OFF”にする

 コネクタ数はATXメイン(20+4ピン)×1、プロセッサ用12V(4+4ピン)×1、プロセッサ用12V(8ピン/SSI-EPS12V専用)×1、FDD用×2、HDD×6、Serial ATA×12、PCI Express(6ピン)×3、PCI Express(6+2ピン)×2、PCI Express補助(4ピン)×1。 電源はSSI-EPS12V Ver.2.92規格に準拠しており、本体サイズは175(W)×150(D)×86(H)mmとなる。秋葉原の各ショップで13日発売予定で、予価は4万9980円前後。

PCI Express(6+2ピン)ケーブル

PCI Express(6+2ピン)ケーブルを2本用意。将来発売されるであろう8ピンの電源コネクタを搭載したビデオカードに対応可能だ

変換コネクタ

Serial ATAから4ピンペリフェラルへの変換コネクタが4つ標準で付属している。4ピンペリフェラルは多いに越したことはないので、Serial ATAをあまり使用しない人にはありがたい付属品だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中