このページの本文へ

マウスコンピューター、クアッドコアCPU搭載デスクトップパソコン『MASTERPIECE V950GX1』を発売

2007年04月11日 19時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)マウスコンピューターは11日、インテル(株)が10日に発表した最新のクアッドコアCPU『Core 2 Extreme QX6800-2.93GHz』(関連記事)を搭載したハイエンドデスクトップパソコン『MASTERPIECE V950GX1』を発売すると発表した。同日より直販サイト“G-Tune”や各マウスコンピューターダイレクトショップで受注を開始する。価格は43万9950円から。

MASTERPIECE V950GX1(写真の液晶ディスプレーとスピーカーはオプション)

MASTERPIECE V950GX1(写真の液晶ディスプレーとスピーカーはオプション)

MASTERPIECE V950GX1は、CPUに最新クアッドコアCPUであるQX6800-2.93GHzを搭載したハイエンドデスクトップパソコン。チップセットに米エヌビディア(NVIDIA)社のnForce 680i-LT SLI、グラフィックスカードにもエヌビディアのグラフィックスチップ『GeForce 8800GTS』(ビデオメモリー768MB)搭載カードを採用して、チップセットとの相性を高めているのが特徴。メモリーは2GB(1GB×2、PC6400対応DDR2 SDRAM)を搭載する。

HDDはシステム用に、150GB(シリアルATA、毎分1万回転)、データ用に、500GB(シリアルATA II、毎分7200回転)を搭載。光ドライブには片面2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載している。また、静音対策として、大口径ファンを低回転(毎分1800回転以下)で駆動させている

インターフェース類は、USB 2.0×6(前面2、背面4)、10/100/1000BASE-T対応Gigabit Ethernet、DVI-I×2、PS/2キーボード・マウスなどを装備する。拡張スロットはPCI Express x16×2(空き1)、PCI Express x1×2(空き2)、PCI×2(空き2)を搭載。ドライブベイは、5インチ×4(空き3)、3.5インチ×2(空き1)、3.5インチ内蔵用×4(空き2)が用意されている。

メモリーカードスロットは、前面中間部の3.5インチベイに10 in 1カードリーダー+フロッピーディスクコンビネーションドライブ(SDメモリーカード/MiniSDカード/MMC/スマートメディア/CF/マイクロドライブ/メモリースティック/メモリースティック PRO/メモリースティック Duo/メモリースティック PRO Duo)を内蔵している。

本体サイズは幅205×奥行き510×高さ522mm。OSはWindows XP Professional SP2をプレインストール。サポートOSとしてはWindows Vistaも対応している。マイクロソフト(株)のPS/2接続のキーボード『マイクロソフト マルチメディア キーボード(ブラック)』、(株)ロジクールのUSB接続のレーザーマウス『G5 Laser Mouse』が付属する。

お詫びと訂正:掲載当初、ロジクール(株)となっておりましたが、正しくは(株)ロジクールです。該当部分を修正するとともにお詫び申し上げます。(2007年4月12日)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン