このページの本文へ

“Radeon X1950 GT”搭載初のAGP対応モデルがSapphireから登場!

2007年04月10日 22時05分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 RadeonシリーズにまたまたAGPモデルが登場した。発売されたのは“Radeon X1950 GT”を搭載するSapphire製「Radeon X1950 GT 256MB GDDR3 AGP BOX」だ。

“Radeon X1950 GT”を搭載するSapphire製「Radeon X1950 GT 256MB GDDR3 AGP BOX」。最上位モデルを除く3つのモデルでAGP対応カードが登場することとなった

 性能の高い順に“Radeon X1950 XTX”>“Radeon X1950 XT”>“Radeon X1950 PRO”>“Radeon X1950 GT”となる“Radeon X1950”シリーズだが、最上位モデルを除く3つのモデルでAGP対応カードが登場することとなった。
 PCI Express x16版と比べると若干大きくなった冷却機構を備えるカードは1スロット仕様。インターフェイス以外に基本的なスペックに変更はないようで、コア/メモリクロックが500MHz/1200MHz。搭載メモリはDDR3 256MBでブラケット部はDual DVI/VIVO(HDTV出力)という構成。なおカード本体には4ピンコネクタ2本給電する必要がある。本日入荷をしたのはアークで、価格は2万3980円だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中