このページの本文へ

インテル、クアッドコアCPU『インテル Core 2 ExtremeプロセッサーQX6800』を発表

2007年04月10日 20時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテル(株)は10日、ハイエンドデスクトップ向けのクアッドコアCPUでは同社最速となる『インテル Core 2 Extreme プロセッサー QX6800-2.93GHz』を発表した。量産出荷は本日開始している。

Core 2 Extreme QX6800-2.93GHzは、Coreマイクロアーキテクチャーを採用するクアッドコアCPUとしては、12番目の製品となる。同社では主な対象ユーザーを、“コアなゲームユーザーやデジタル・デザイナー”としている。

既存のデスクトップ向けCPUは、デュアルコアCPUの最高速品が『インテル Core 2 Extreme プロセッサー X6800-2.93GHz』であったのに対し、クアッドコアCPUは『インテル Core 2 Extremeプロセッサー QX6700-2.66GHz』で、CPUコアの動作周波数はデュアルコアCPUの方が高いという状況にあった。そのため同社では、シングルタスクのアプリケーションにおいては、X6800の方が高速な場合もあったとしている。今回のQX6800の登場により、クロック周波数がX6800と同等になり、シングルコア/マルチコアの双方で最速のCPUとなった。

ベンチマーク
ベンチマーク

パフォーマンスは、Core 2 Extreme X6800に対して、ビデオエンコードでは最大65%の速度向上を実現しているという。

動作周波数等の仕様と価格(1000個受注時の1個あたり価格)は以下の通り。

インテル Core 2 Extreme プロセッサー QX6800
動作周波数:2.93GHz、システムバス(FSB)周波数:1066MHz、2次キャッシュ容量:8MB(4MB×2)、TDP 130W
価格:14万2380円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン