このページの本文へ

120Hzフレームレート表示を可能に

ソニー、プロジェクター向け0.61インチフルHDディスプレーデバイス『SXRD』を開発

2007年04月05日 21時49分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は5日、120Hz(毎秒120フレーム)のハイフレームレート表示に対応した0.61インチフルハイビジョン“SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)”パネルを同日付けで開発したと発表した。

0.61インチフルHDディスプレーデバイス“SXRD” 0.61インチフルHDディスプレーデバイス“SXRD”

同デバイスは、2005年9月に発表した、応答速度が2.5ミリ秒の反射型液晶ディスプレーデバイス“SXRD”を改良したもの。改良点は、映像信号線間の干渉を低減させる回路を新規に設計し、電圧の安定性を向上させて画像のノイズを減少させている。このほか、液晶駆動速度を2倍の240Hzに向上させ、シリコン駆動基板を新規に開発することで、120Hzのハイフレームレート表示に対応したという。

そのほかの特徴として、不要な反射光の発生を抑えるべく最適化を行ない、光源スペクトルに依存しないデバイスを実現した。これにより、LEDやレーザーなどの各種光源に対応できるという。このほか、デバイスの温度をモニタリングできる温度検出回路をシリコン駆動基板内に作成して、リアルタイムでシリコン駆動素子の温度を外部から直接測定可能になった。

今後同社では、家庭用プロジェクションテレビやビデオプロジェクターなどにSXRDを搭載する予定。

0.61インチハイフレームレート SXRDの主な仕様
表示サイズ 対角1.54cm
画素数 1920×1080V画素
反射率 74%
コントラスト 5000:1
画素ピッチ 7μm
画素間スペース 0.35μm
応答速度 2.5ミリ秒
駆動素子 0.35μm MOS プロセス

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン