このページの本文へ

アップル、『AirMac ベースステーションアップデート 2007-001』を公開

2007年04月01日 00時00分更新

文● 小口博朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルは30日、AirMac Extremeベースステーションの管理ユーティリティーをアップデートする『AirMac ベースステーションアップデート 2007-001』を公開した。

Mac用、Windows用のアップデーターを個別に用意し、『ソフトウェア・アップデート』を実行することでアップデートが可能だ。ファイル容量はMac版が12.7MB、Windows版が5.0MBとなっている。

ソフトウェアアップデート 『AirMac ベースステーションアップデート 2007-001』は、『ソフトウェア・アップデート』を利用して適用できる。Macの場合、アップルメニューから『ソフトウェア・アップデート』を実行すればいい

同アップデーターの適用によって、以下の関連ソフトウェアの全般的な動作が改善される。

  • AirMacユーティリティ
  • AirMac管理ユーティリティ
  • AirMacディスクユーティリティ
  • AirMac Disk Agent

なお、Windows版には『AirMac管理ユーティリティ』のアップデーターは含まれない。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中