このページの本文へ

PCケースも自作の時代!? 折りたたみ式のMicroATXケースがAOpenから登場

2007年03月29日 23時04分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AOpenから折りたたみ式というユニークなPCケース「F401N」が発売された。価格も4980円と安価で、折りたたまれた状態で出荷されているのでパッケージも小さい。

F401N
折りたたみ式というユニークなPCケース「F401N」。折りたたまれた状態で出荷されているのでパッケージも小さい

 製品はパタパタと広げて、各パネルをネジ留めする仕組み。完成するとサイズ400(D)×180(W)×360(H)のスチール製MicroATXケースとなる。サイドパネル部にはPCI-E排気口と丸めて取り付けるパッシブダクトも装備。ベイ数は5インチ×2、3.5インチベイ×2、シャドウベイ×6という構成でフロントとリヤにはそれぞれファンも取り付け可能だ。なお製品には80mm角ファンが1基付属する。販売しているのは高速電脳とツクモケース王国、TSUKUMO eX.で価格はいずれも4980円となっている。

内部 パッシブダクト 背面
パタパタと広げて、各パネルをネジ留めする仕組み。完成するとサイズ400(D)×180(W)×360(H)のスチール製MicroATXケースとなる。サイドパネル部にはPCI-E排気口と丸めて取り付けるパッシブダクトも装備する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中