このページの本文へ

再起動を繰り返したり、設定したアラームが鳴らないなどの不具合を解消

au、『W43CA』『W43H』『W43SA』など6機種の内蔵ソフトウェアを更新

2007年03月29日 21時04分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は29日、三洋電機(株)、カシオ計算機(株)、(株)日立製作所、京セラ(株)製の一部機種の不具合を解消する内蔵ソフトウェアの更新プログラムの提供を本日開始した。

該当機種は『W43SA』(三洋電機製)、『W42CA』『W43CA』(共にカシオ計算機製)、『W42H』『W43H』(共に日立製作所製)、『W42K』(京セラ製)の6機種。

内蔵ソフトウェアの更新により解消される不具合と該当する機種は以下の通り。

ワンセグの音声出力先をスピーカー、またはオートに設定してワンセグを視聴すると、スイッチ付きイヤホンマイクのスイッチを使った発着信ができなくなる場合がある
W43SA


“au ICカード”の情報を読み込み中に再起動を繰り返す場合がある
W42CA、W43CA、W42H、W43H


曜日指定のアラーム設定をしてもアラームが鳴らない場合がある
W42K

ソフトウェアの更新は、いずれの機種も“ケータイアップデート”から実施できる。ケータイアップデートによる更新プログラムのダウンロードや更新にともなう情報料はかからず通信料も無料。アップデートにかかる時間は機種によって異なり、5分~10分程度という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン