このページの本文へ

au、無線LAN対応の法人向け端末『E02SA』を使った小規模事業所向けコードレス電話セットを発表

2007年03月29日 21時01分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は29日、無線LAN機能に対応した法人向け携帯電話機『E02SA』をコードレス電話の端末として利用できる“ケータイdeコードレスセット”を5月上旬に提供開始すると発表した。

ケータイdeコードレスセットは、アイコム(株)製の無線LAN対応IP電話ルーター『SR-53V』を親機、E02SAを子機として、両者を無線LANで接続し、固定電話回線の子機として使えるようになるもの。オフィス内では、E02SAで電話回線の着信が受けられるので、電話取り次ぎが不要になるなど業務の効率化が図れるという。コードレス電話の子機として利用できるE02SAは最大6台までで、子機間の電話転送などもできる。

同社はすでに、内線電話の無線LANソリューションとして大規模事業所向けに“OFFICE WISE(オフィスワイズ)”、中規模事業所向けに“OFFICE FREEDOM(オフィスフリーダム)”“OFFIMO(オフィーモ)”を提供している。今回のケータイdeコードレスセットが加わることで小規模事業所向けにも対応し、すべての法人ユーザーに内線電話の無線LANソリューションを提供できるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン