このページの本文へ

追加番号でも留守電・転送サービスが利用できるように

NTTドコモ、FOMA携帯電話に新たな番号を追加できる“マルチナンバー”のサービスを拡充

2007年03月28日 18時07分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとNTTドコモグループ8社は27日、FOMA携帯電話機の利用者に対して、追加の電話番号を2つまで追加できる“マルチナンバー”サービスについて、追加した番号でも“留守番電話”“転送電話”の2つを利用可能にするというサービス拡充を発表した。

今回のサービス拡充では、追加した番号でも留守番電話サービスと転送電話サービスの利用が可能になる。サービス提供開始は4月2日の午前10時より。申し込みや追加の料金は不要だが、サービスの利用を開始する際には、まず“*2002”をダイヤルし、ガイダンスにしたがって設定する必要がある。

マルチナンバーは、基本の電話番号のほか、同じ回線(1台の端末)に2つまで発着信のできる異なる電話番号を追加するサービス。月額料金は1番号追加につき525円。プライベートと仕事用で電話番号を使い分けるなどの利用が想定される。電話番号ごとに請求を分けることもできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン