このページの本文へ

OSごとHDDを抹消する『ターミネータ2007 データ完全抹消』も

AOS、Macのデータも復元できる『ファイナルデータ2007 特別復元+Mac対応版』などを発売

2007年03月26日 20時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AOSテクノロジーズ(株)は23日、データ復元ソフト“ファイナルデータ2007”をMacintoshのデータやメールの復元に対応させた『ファイナルデータ2007 特別復元+Mac対応版』、HDDのデータをOSごと抹消するデータ抹消ソフト『ターミネータ2007 データ完全抹消』、抹消するデータを選択できるデータ抹消ソフト『ターミネータ2007 データ選択抹消』と『ターミネータ2007 データ完全抹消』とを組み合わせたセット『ターミネータ2007 特別抹消セット版』の3製品を4月6日に発売すると発表した。

『ファイナルデータ2007 特別復元+Mac対応版』

『ファイナルデータ2007 特別復元+Mac対応版』
製品パッケージ ウィザードの画面
製品パッケージウィザードの画面

“ファイナルデータ2007”は、削除した個別のファイルやフォルダーに加え、フォーマットしたドライブや削除したパーティションのデータを復元できるデータ復元ソフト。電子メールのメッセージを個別に復元する機能も備えている。『ファイナルデータ2007 特別復元+Mac対応版』は、対応ファイルシステムにMacintoshのHFS/HFS+を加えたのが特徴。HFS+では、ジャーナリングをONにしている場合や、大文字/小文字の区別をしている場合にも対応する。Mac OS Xの標準メールソフト『Mac OS X Mail』のメッセージの個別復元にも対応し、復元するメッセージのプレビューも行なえる。

そのほかの対応ファイルシステムは、FAT12/16/32、NTFS4.0/5.0/5.1、CDFS、UDF1.5/2.0。メッセージの個別復元に対応するメールソフトは、Windowsメール、Outlook、Outlook Express、Netscape、Thunderbird、Eudora、AL-Mail 32、Becky!など。

対応OSは、Windows Vista/XP/2000/Me/98/95/NT 4.0(SP4以上)、Windows Server 2003。対応機種は、128MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機。なおInternet Explorer 5.0以上が必要。価格は『ファイナルデータ2007 特別復元+Mac対応版』が2万790円、『ファイナルデータ2007 特別復元+Mac対応版 乗換優待版』が1万8690円。

『ターミネータ2007 データ完全抹消』

『ターミネータ2007 データ完全抹消』
製品パッケージ ウィザードの画面
製品パッケージウィザードの画面

『ターミネータ2007 データ完全抹消』は、OSを含めたHDDのデータを一括して抹消できるデータ抹消ソフト。1GBのデータを約30秒で抹消でき、複数のパソコンを対象に同時に抹消作業を行なうこともできる。抹消完了後に抹消にかかった時間や不良セクター数、セクター内容、HDDのシリアル番号などを表示する“抹消状況レポート”は、FDやUSBフラッシュメモリーに記録できる。HDDの仕様として“Big Drive”(48bit LBA)を採用した137GB以上のHDDや、シリアルATA接続のHDDの抹消にも対応する。DOS/Linuxで起動するプログラムを同梱しており、同ソフトのCD-ROMや作成しておいた起動用FDから起動が行なえる。データの消去方式は、最も高い安全度を持つという“グートマン推奨方式”やデータの消去速度を優先した“ゼロ書込み方式”など8種類から選択可能。

対応OSは、Windows Vista/XP/2000/Me/98、Windows Server 2003(OSごと抹消する場合、Windows 95/NTでも使用可能)。対応機種は32MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機。価格は『ターミネータ2007 データ完全抹消』が8190円、『ターミネータ2007 データ完全抹消 乗換優待版』が6090円。

『ターミネータ2007 特別抹消セット版』

『ターミネータ2007 特別抹消セット版』(製品パッケージ) 『ターミネータ2007 特別抹消セット版』(製品パッケージ)

『ターミネータ2007 特別抹消セット版』は、不要なデータやプライバシー情報を選択して抹消できるデータ抹消ソフト『ターミネータ2007 データ選択抹消』と、『ターミネータ2007 データ完全抹消』をセットにしたもの。『ターミネータ2007 データ選択抹消』は、過去にゴミ箱から削除したファイルなど、HDDの空き領域に残存するデータを抹消できる“空き領域抹消機能”や、Outlookの削除したメッセージを抹消する機能も備えている。『ターミネータ2007 データ選択抹消』の対応OSは、Windows Vista/XP/2000/Me/98/95/NT 4.0(SP4以上)、Windows Server 2003。対応機種は32MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機。

価格は、『ターミネータ2007 特別抹消セット版』が1万290円、『ターミネータ2007 特別抹消セット版 乗換優待版』が8190円、『ターミネータ2007 特別抹消セット版 アカデミック』が7560円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン